電話エッチ
「あっ、あっ気持ち良い。吉田さん気持ち良いよ。」「本当に紗南ちゃん。」「うん。吉田さんの声もすごく素敵だからますます気持ち良いよ。」オーバーリアクションで相手を喜ばせる私。私は今、店のお客さんと電話エッチをしています。もちろん、実際は全く気持ち良くありません。ただ、お金のためにという考えで電話エッチをしています。そして、電話エッチを始めて30分後にお客さんから満足したと声をいただき、次回お店に来てくれる約束をしてくれました。 エロチャット その日の夜、私はお店で働くと新規のお客さんの席につくことになりました。「初めまして、紗南です。」「初めましてじゃないと思うよ。俺のこと覚えていないかな。」私はそのお客さんの顔をよく見ました。「ゆう君。」「あたり。」驚きました。私が前に付き合っていた元彼でした。あの頃よりもずいぶん痩せていて初めまして誰かわかりませんでした。「君がここで働いてると聞いてい来たんだ。もう一度やり直さないか。」「冗談はやめて。あなたのせいで肩代わりした借金を返済するためこういうところで働いているんだから。」「お金は全部返す。だから、頼む。」その声と同時に先程電話したお客さんも来店しました。「行かなきゃ。」「頼む。俺にチャンスをくれ。仕事が終わる時間に電話する。」「しなくて良い。そっちに行くから。」彼のせいで好きでもない人と電話エッチをした。だから、あなたが私を今度は楽しませてと思ってしまった私でした。 童貞フェチ フェラしたい
全スレッド:0件
スレッド作成|検索|更新




[1]前へ|次へ[3]

管理人へ連絡
管理ログイン
掲示板を作る
- CYBER-MODE掲示板 -