パパ活して玉の輿に乗る
友達はパパ活して玉の輿に乗るといってパパ活を始め、本当に玉の輿に乗りました。私はパパ活して玉の輿に乗るなんで無謀だと言ったのですが、友達は絶対にパパ活して玉の輿に乗るといってききませんでした。というのも、友達の家は貧乏だったからです。友達の家は裕福ではなく欲しいものなんて一度も買ってもらえたことがないそうです。いつも、友達はほぼ同じような服ばかり着ていました。私は昔から友達なのですが、確かに家は大変なんだろうなという印象を受けていました。友達はそれがコンプレックスで悩んでもいました。バイトができるようになってからは、友達はお金を稼ぐために、バイトに明け暮れていました。 お金くれる人 それで、高校くらいからは欲しいものを買ったり、おしゃれもできるようになったのですが、それでは足りないといい、年上の男性と付き合っては欲しいものを買ってもらっていました。だから、言っても相手の男性がパパに変わっただけで昔とやっていることは同じなのです。出会い系アプリでパパ活をしパパを探してからは、ますます変わっていきました。私もあまりもの変貌ぶりにこれなら玉の輿に乗るのも夢じゃないかもしれないと友達を応援し始めました。友達は昔から男性の扱いは慣れているので、私も友達が幸せになるならとお金持ちが集まりそうなパーティがあれば、一緒についていっていました。友達はそこで知り合った若手社長と結婚することになりました。女性ってお金があれば変われるんだなと実感した出来事です。 オナニーの見せ合い ツーショットチャット
全スレッド:0件
スレッド作成|検索|更新




[1]前へ|次へ[3]

管理人へ連絡
管理ログイン
掲示板を作る
- CYBER-MODE掲示板 -